お葬式の形式の違いと、その特徴について

お葬式にはいくつか形式の違いがあります。この形式の違いを理解しておくとお葬式の喪主となった際に、故人が生前にこうして欲しいと希望していた内容に沿ったお葬式がしやすくなりますし、費用の負担が気になるという場合に費用を抑えた形式を選びやすくなります。お葬式の形式にはいくつか種類があり、それぞれに特徴があるのでそれを知っておくと、喪主になった時だけでなく自分のお葬式をどうするか考える時にも役立ちます。

お葬式の形式のひとつである直葬は、通夜や告別式を行わず火葬だけを行うという特徴的な形式です。参列者も親族だけとなっており、非常に少ない人数でお葬式を行う事になるため費用もかからず、日数も少なくてすみます。準備などでほとんど手間がかかりませんから、自分の時には簡単に終わらせてほしいと故人が希望した場合はこの形式がおすすめです。ただ、直葬の場合は故人と親しかった人が参列できない場合もあり、参列できなかった方に対する対応をきちんとする必要があります。参列についてのトラブルが起きてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

もうひとつのお葬式の形式として、近年注目されているのが家族葬です。家族葬は一般的な形式とは違い、親族や故人と親しかった人達だけという限られた参列者でお葬式を行います。通夜や告別式を行いますが参列者が少ないため一般的な形式に比べて費用が安く、あまり堅苦しい雰囲気でなくとも良い場合が多いです。明るい雰囲気で故人を見送りたいという場合や、お葬式の間故人の好きだった音楽を流してあげたいという場合など、一般の形式では対応できないような要望にも対応しやすいというメリットがあります。

もちろん何でも対応できるという訳ではありませんが、より故人や遺族の希望に添ったものにしたい時にはこの形式がおすすめです。